「石粉」より「おがくず」を代用したほうが良い3つの理由。

投げ釣りでよく使われる「イソメ」などのエサは、大体ヌルヌルしてて針を通しにくいですよね。

そんなとき、滑り止めとして一般的に利用されるのが「石粉」とよばれるアイテム。コレを使うことで、エサが滑らなくなり、針に付けやすくなります。

しかし、私は基本的に「石粉」を使用せず、「おがくず」(厳密にはくぬぎの昆虫用マット)で代用しています。

石粉代用品_クヌギ昆虫マット

なぜなら、おがくずのほうがさまざまな面でメリットがあるから。

そこで、この記事では「おがくず」を使うことによる3つのメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

石粉よりコストパフォーマンスが良い。

まず、Amazon適当に石粉とおがくず(昆虫マット)を探してみた。

2017年1月時点で、マルキューの石粉が90gで大体500円。それに対し、昆虫マットは800gで200円ほど

もうね・・・、比べるまでもないです。

エサが弱りにくい。

石粉の場合、粉に付けたエサを長時間放置していると、水分が抜けるせいか、石粉の成分のせいか分からないが、すぐにエサが弱ってしまいます。

しかし、おがくずの場合、虫を生育するアイテムだけあって、長時間放置してもほとんどエサが弱ることがありません。(滑り止め効果は多少落ちますが・・・)

特に、イソメのような動きで魚を誘うエサの場合、この差は大きいかと思います。

エサの体液で手が臭くならない。

普通、エサを針に通すと体液で手が臭くなりますが、おがくずを使うと臭くなることはありません。

むしろ、木の良い香りが手に広がります。

・・・まぁ、釣った魚のを素手で触れば、問答無用で手は臭くなるんですがね(爆)

そういう意味では、これは微妙なメリットでしょうかw

唯一欠点を挙げるとすれば・・・冬場、中々手に入らない

地域によるかと思いますが、少なくとも八戸市内だと冬は手に入りにくいです。

私の場合、3~4件ほどホームセンター周りをしてようやく入手したくらいですから。

・・・

さて、私の場合、こ~んな(↓)タッパーでエサを管理しているのですが、すこぶる使い勝手がいいです。(このタッパーは別記事で紹介しますので、少々お待ちを。)


カレイ

おかげで、こんな風にカレイも釣れちゃいます(?)

・・・これは蛇足かw

とりあえず、魚が釣れるか釣れないかは別として、エサが滑って困っている方は、是非「おがくず」をお試しください。

もう少し先の「花見カレイ」シーズン、間違いなく役に立ちますよ!