メガネっ子アングラーにオススメ。オーバーサングラス(偏光グラス)が非常に捗る件。

釣りをする際、偏光グラスを掛けると思いますが、メガネっ子の皆さんはどうしていますか?

いくつか対応策がありますが、大体、以下のどれかに落ち着くと思います。

  1. 度付きの偏光グラスを掛ける。
  2. コンタクト+通常の偏光グラス。
  3. 偏光グラスをかけるのを諦める。

しかし、どれも一長一短。

まず1.の度付きの偏光グラスは、サングラス自体が高い。そして、視力が落ちると買い替えが必要で、さらにコストがかさみます。

次に2.のコンタクト+通常の偏光グラスのパターン。これは偏光グラス自体は安価に済むけど、コンタクトを都度、購入&つけるのが面倒です。ちなみに、私はこのパターンでした。

んで、3.偏光グラスを掛けない・・・これは論外ですね。

それじゃあどうすればいいんだ!?」となるわけですが、実は第4の選択肢が・・・

そう、あるんです!!

それが今回紹介する「オーバーサングラス」になります。

スポンサーリンク

オーバーサングラスをオススメする3つの理由

メガネの上から着用可能

一番のメリットがコレ。

メガネの上に直接サングラスを掛けることができるので、余計な手間は一切掛かりません。

楽です。マジで。

全体的に安価

一部例外もありますが、安いものだと1000円、高くても5000円程度で購入できます。

手軽に釣り以外にも活用可能

特に車の運転時にかなり重宝します。

太陽の光がまぶしいときでも、サッとメガネの上に掛けるだけなので、手間がかかりません。これは、他の対策だと出来ない芸当です。

あと、車に常に積んでおけば、釣行時に「忘れた!!」ってなることもありませんし。

オーバーサングラスのデメリット

通常の偏光グラスに比べると、ちょっとダサいかも

メガネの上から掛けるという関係上、サイズの制約があるので、どうしてもデザイン面は通常のサングラスに劣ってしまいます。

ただ、イケメンは何を付けてもカッコいいし、ブサメンは何を付けても駄目なので、あまり関係ないんですがねw(自虐)

私が使用しているオーバーサングラス(偏光グラス)とその他気になるアイテムを紹介

私が現在愛用しているオーバーサングラスがコレです。

選んだ一番の理由はファッション性(笑)

というのも、他のサングラスはどれもダボッとしたデザインのものばかりで、少々スタイリッシュ性が足りない。その点、このサングラスは多少ましだった。という単純な理由で買いました。

いや、駄目なおっさんにカッコいいの付けても豚に真珠っていうのは分かってますよ。ただしイケメンに限るってのも分かってます。分かってますが・・・少しぐらいカッコつけたっていいじゃないですか!!

・・・っ!

・・・おっと、話がそれましたね(汗)

さて、お値段のほうですが、こちらは1000円強とかなりお求めやすいです。

ただ、性能の方は値段相応といったところでしょうか。どうしても、目とサングラスとの距離が開いてしまう上、構造上、横からジャマな光が入りやすいため、ちょっと見辛いと感じる場面もありました。

そこで、次に買おうかと悩んでいるのがAXE(アックス)のオーバーサングラス。

約4500円と少々値が張りますが、サイド部分もレンズで覆っているので、今使っているサングラスの問題点も解決。見た目もまずまずなので、現在使っているヤツで我慢できなくなったら買い換える予定です。

「AXEのはちょっと高い。もっと安価に済ませたい。」というなら、コールマンのコレでしょうか。 2000円弱なので、手を出しやすいです。ただ、安物買いの銭失いにはなりたくないので、買うとしたらAXE(アックス)の方かなぁと考えています。

中途半端なものは使いたくないというあなたには、TALEX(タレックス)のオーバーサングラスがオススメ。2万円以上する高級品です。

最後に

最近、オーバーサングラスなるものの存在を知ったので、記事にしてみましたがいかがでしたでしょうか?

私の場合、このオーバーサングラスを購入から色々な手間から開放されたので、かなり役立っています。

そういう意味では、全国のメガネっ子アングラーの皆さんにも、おすすしたい一品。偏光グラスの扱いに困っているメガネっ子は一考の余地ありです。

コメント

  1. Toshiya Oki より:

    こんにちはトシです。ブログランキングからきました。
    そうですよね、メガネをしている人間にこの偏光グラス問題は重大な問題ですね。僕の場合、簡易のメガネフレームを偏光グラス本体に装着するタイプです。
    他の人が偏光グラス越しに僕の目を見ると、偏光グラスの奥にもう一つメガネフレームがチラ見えするのが難点ですが、なかなかいい感じです。