【釣行記】6月11日、12日 八戸アナゴ調査

もうそろそろ水温的に釣れるだろうと思い八戸某所へ出撃。

エサはユニバースで売っていた78円のサンマ。

2本竿体制で、じっくりと当たりを待っていると幸先良く今期初物をゲット!

出だしは順調。しかし、その後が続かず。

長い沈黙の後、アナコンダ級が2度ほど掛かるが、どちらも力糸から切られ意気消沈(´;ω;`)

結局11日は1匹のみという寂しい釣果。

逃した魚はでかかった・・・。

もう一度言う

逃した魚はでかかった。

翌12日、頭に来たのでリベンジマッチを決行。疲れていたので、21時までと制限時間を設け同じ場所に出撃。

しかし、最初に釣れたのは、ロリソイ・・・。

ルアーで釣れるとうれしいターゲットなのに、エサ釣りだとサイズと相まってまったくうれしくない。

・・・

なぜだ?

その後、ほとんど当たりも無く、リミットである21時も近づく。

「もうダメだ。おしまいだぁ・・・。」と思い、帰り支度を開始するとここでミラクル発生。

3本出した竿のうち残り1本となったところで、その竿がググッーとしなる。

「よっしゃ!」と釣れたのは70cmクラスの良型。

アナコンダクラスとまでは行かないが・・・まあ許してやろう。

ぶっちゃけ、アナコンダクラスになると皮が口の中に残って旨くないし・・・。

ちなみに、釣れたアナゴは白焼きで(゚д゚)ウマーでした。

とりあえず、アナゴが釣れることは判明したので、今度はもうちょっと水温が上がってから数釣りを目指したい。

目指せ煮アナゴ(丼)。

潮周り

使用タックル紹介