万能バサミ万能説

ウェア・ガジェット

さて、皆さんは釣った魚を締めるとき何を使っていますか?

 

多分、大多数の方はナイフを使用していると思います。

まぁ無難ですよね。コンパクトで持ち運びに便利だし。

昔の私もそうでした。

 

でも、切れ味の良いものを買おうとすると、ちょっと値が張るし、切れ味の維持も面倒じゃありませんか?

 

そんな訳で、私は現在「万能バサミ」を使っています。

 

なぜなら、安価で切れ味もいいから。

 

ナイフで中骨を絶つってわりと大変ですよね。でも、万能バサミならエラはもちろん、固い中骨も力いらずでチョキン。骨と骨の継ぎ目じゃなくても関係なし。

また、現場でノットを組んだとき、滑りやすいPEを切ったりすることなんかも可能です。わざわざPEカッターなんか買う必要ありません。

さらに、普段の仕掛け自作の際も何かと役立つ良いヤツ。特にヒラメ用のアシストフック作成では大助かり。ワイヤーラインなんかもザックリです!

 

まさに「万能」という名は伊達ではありません。

 

ちょっと前までは、近所のアストロプロダクツというお店で売っていた安いステンレスの万能バサミを使っていたのですが、残念なことに軸のボルトとナットがサビサビになり、ハサミが動かなく・・・。(おそらく、ステンレス製じゃなかったんでしょう。パーツ代ケチりやがって

そんな訳で、新たに購入し直ししました「SK11 万能はさみ ロング SML-200」。

こちらも、むかーし使っていたんですが、ロストしちゃったんですよねぇ(汗)

同商品の商品レビューを見てみると、私と同様、結構釣りで使用している方も多い様子。

ナイフに比べちょっとコンパクト性に欠けますが、1200円程度と安価で長持ちもするのでオススメですぞ。

SK11 万能はさみ ロング SML-200
SK11(エスケー11)
売り上げランキング: 295

コメント

タイトルとURLをコピーしました