【釣行記】ちょっと早いアナゴ釣り

投げ釣り

水温的にちょっと早いかな~と思いつつ、5月下旬にアナゴ釣りへ。

竿はもちろん、購入したばかりのダイワ「リバティクラブ ショートスイング 15-300」。

実釣テストも兼ねて行って参りました。

準メインターゲットとしているアナゴ、今年はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

本命アナゴは釣れたものの、やはりちょっと早かったか・・・

結果から言うと、ドンコ2匹(20cm位と35cm位)、本命のアナゴは1匹(60cm位)という貧果。


いや、結構良型のアブラメ or ソイを掛けたんですよ?

でも竿が負けちゃってそのままオモリがスタック。どうやっても外れなくて泣く泣く仕掛けを切ったんですよね・・・。(魚には可哀想なことしちゃった・・・)

あと、30cm位のアブラメをぶっこ抜き中にポチャリっていうのもあったな。

・・・

あぁ、アナゴに関しては、そこそこ当たりがありましたが、まだ最盛期ではないかな?という印象。

ちょっと食いが渋い感じがいたしました。(上手い人はそれでも掛けるんでしょうけど・・・。)

もうちょっと水温が上がれば食いも良くなるでしょう。

う~ん、楽しみ^^

リバティクラブ ショートスイングは予想以上に柔らかかった

これは、いずれインプレを上げますが、使った第一印象は「予想以上にコシが無い」でした。

いや、これはこれで超アナゴ向きなんですが、予想のはるか上を行き過ぎて最初は戸惑いました。折れないかと(笑)

ある程度、良い点、残念な点が見えてきましたので、もう少し使ったら実釣インプレを上げたいと思います。

しばしお待ちを。

使用タックル

okuma(オクマ) リール サフィーナ 4000
okuma(オクマ) (2011-04-11)
売り上げランキング: 82,530

コメント

タイトルとURLをコピーしました