【釣行記】早々の1匹目から~の・・・粘りの2匹目【鮭釣り】


ハイ、また三沢方面へ鮭釣りへ。

しかし、寒い。

足元は雪で覆われていました。

さて、今期、まだ鮭を釣っていない私、何とか一匹・・・

いや・・・

イクラ丼が食いたいから、何とかメス鮭が釣れて欲しい。

そんな欲求ムンムンな状態で釣行を始めましたw

スポンサーリンク

朝マズメ、早々に本命(?)をゲット

潮周りで大体下げ7分の7時ごろ、一本の竿がかすかにユサユサする。

明らかに波の影響よる竿の動きではない。

急いで竿の元に向かうと、いきなりギューンと竿が絞られる。

鮭だ!!

しっかりとアワセを入れ、臨戦態勢へ。

ちょっと小型かな~?と思いつつも久しぶりの鮭の引き、めっちゃ楽しい!

バラすのだけは避けたかったので、しっかりテンションを保ちながら、ゆっくりと寄せていく。

そして上がってきたのが、激ヤセの固体。

サイズは60cm弱。

まぁ、顔つきがメスっぽいから許してやるか。

そして、2匹目を狙うのでした。

干潮後の上げで粘りの2匹目!!

しかし、ここからが続かず。

何度かアタリっぽいのがあったものの、エサだけが取られる。

はるか沖では鮭が頻繁に跳ねていて、雰囲気はムンムン。

だが、なかなか射程範囲に回遊してこない。

「今日は昼まで粘っちゃる!!」

上げ潮に転じるタイミングで食ってくるだろうと予想し、忍耐力勝負へ。

・・・

その狙いが見事的中!

上げ潮に差し掛かる丁度10時半ごろ、一本の竿が明確に揺れる。

しっかりとアワセをいれ・・・損ねたので、2度アワセ。何とか魚を乗せるw

しかも、一匹目より明らかにサイズが良い。

投げ竿がシーバスロッドのようにしなる。

たまらない、この快感(*´д`*)ハァハァ

そして上がったのが、70cmクラスのオス!

良い感じに鼻も曲がってきておりカッコ良い。

コレには大満足の私、足取り軽やかに帰路に着くのでした。

しかし・・・

本命のメスかと思ったら・・・

一匹目のヤツ、オスでしたwww

よくよく魚体を観察してみると、顔つきはメスっぽいが、尾ビレが明確なくの字になっていて完全にオス。

※メスは緩やかに湾入しています。

そんなわけで、イクラ丼はおあずけ~

はい、ざんねーん

プギャ━m9(^Д^)━!!!!!!

こんなタックル使ってます。