【釣行記】アナゴにはまだ早いと分かりつつも・・・

投げ釣り

連日ドンコばかりで水温的に早いとは分かりつつも、またもやアナゴ狙いに笑

こればかりは釣り人の性(サガ)。

致し方ありません。

しかし、この日はいつもとちょっと趣を変え、ポイント開拓と銘打ち、今までアナゴ狙いで打ったこと無い場所へ。

この日はあくまで調査釣行。

「釣れないなら釣れなくても良い」

それくらいの軽~い気持ちで行きました。

スポンサーリンク

早々に良型のアナゴを掛けたが・・・

ポイントに到着し、いつも通り準備を開始。

竿を1本投げ、2本目の準備をしていると、1本目の竿がクンクンといっている。

完璧にアナゴのアタリです。本当にありがとうございました。

ということで、竿を持って聞きアワセし魚が乗ってることを確認、よっこらS○Xとあわせを入れる。

竿先がずっしりと重くなる。

重さ的にそうだな・・・60cmクラスの良型アナゴだ!!

そんな感じで一投目から幸先良いな~と思いながら巻いていると・・・

なぜか途中で「フッ」と竿が軽くなる。

なぜだ・・・。

釣れなくてもいいとは言ったが、バラシは流石に無い(汗)

最初に幸先が良いと言ったな・・・ありゃ嘘だ。幸先が悪すぎる・・・。

案の定、その後が続かず。

ようやくアナゴっぽいアタリが来たかな~と思い合わせてみると・・・

ま・た・お・前・か!!


カンベンしてくれ・・・。

結局、このドンコ以降アタリがなくなったので、さっさと納竿。

2時間強の実釣でした。

・・・

場所の感想としては、ポテンシャルは良さげだったので、あとはタイミング次第かな?といったところ。

ただ、ドンコが掛かるあたり、当面、ポイント探しの旅は続きそうです。

でも、おいら頑張るけんね!!

使用タックル

okuma(オクマ) リール サフィーナ 4000
okuma(オクマ) (2011-04-11)
売り上げランキング: 82,530

コメント

タイトルとURLをコピーしました