【ウイスキー】ニッカ 竹鶴ピュアモルト NA

ウイスキー

釣りと全然関係ないですが、最近ウイスキーにはまっております。

そんなわけで、今回は最近飲んだウイスキーでも紹介したいと思います。

あくまでウイスキー超初心者の紹介なので、的外れな評価の場合もあります。その辺はあしからず。

スポンサーリンク

ニッカ 竹鶴ピュアモルト NAの味・評価

2020年1月、ついに来てしまった・・・。

あの「竹鶴」が終売するというニュース。

ニッカ、「竹鶴」17年など販売終了へ 原酒不足で
アサヒグループホールディングス傘下のニッカウヰスキーは、国産ウイスキー「竹鶴」の年代物の製品の販売を3月末で終了する。原酒が不足しているためで、「余市」なども年代物は既に販売を止めている。同社の国産

年数表記物だけが終売かと思いきや、ノンエイジ物も3月でリニューアルということで、驚かれた方も多いのでは?

そんな訳で(?)、今回は終売が決定した竹鶴ピュアモルトのノンエイジ物を頂きます。

【香り】

  • グラスに注いで真っ先に感じたのがシェリー香。続いてスモーク香やバニラ香。時間が経つとシェリー香が消え、オレンジ系の香りが顔を出す。どこか土のようなカカオのようなフレーバー。薄っすら溶剤系を思わせる香りも。

【味わい】

  • 最初にゴムや溶剤系を思わせる味わいが一瞬だけ感じる。その後、麦芽由来と思われるほんのりとした甘さ。高カカオチョコのビターさ。適度なスモーキーさ。わずかにスパイシーさも。

【余韻】

  • 余韻はあっさり。味わいでも感じたビター感とスモーキーさ。

ニッカ 竹鶴ピュアモルト NA まとめ

え~・・・ぶっちゃけていいですか?

同じニッカなら「フロム・ザ・バレル」のほうが圧倒的に好きです。

竹鶴NAについては、久しぶりに飲んだら、なぜかゴムとか溶剤系のイヤ~な味が真っ先に来て「うわっ!?」となりました。

飲んでて正直、ちょっとネガティブな印象が残りました。(宮城狭NAや余市NAほどじゃないけど)

飲んでるうちに気にならなくなったけど、最初飲んだ時はこんな嫌な味感じなかった気がするんだけどなぁ~・・・。

他のテイスティング記事をいろいろ探してみても、似たような意見はなかったし・・・。

開けてからそれほど経ってないけど、もしかして劣化か?

う~ん、分からん・・・。

でも、まぁ・・・いっか。

どうせ、終売するからなっ!!

リニューアル品を紹介するならまだしも、終売する商品を今更紹介するという愚行。

自分でもバカだな~と思います(爆)

なお、リニューアル品の購入は・・・評判がよほど良くない限りは「無い」ですね。

「竹鶴NA」より「フロム・ザ・バレル」のほうが、しっかりとした甘さがあるし、飲み口も重厚なので、わざわざ「竹鶴」を選んで買う理由がないです。はい。

何はともあれ・・・

「フロム・ザ・バレル」が終売回避したことの方が嬉しいわ♪

僕はこっちの方が好きです

コメント

タイトルとURLをコピーしました