2,000円台で買えるコスパ最強リール!!オクマ サフィーナ

リール

さて、皆さんはどんなリールを使っていますか?

ステラ?うんうん。イグジスト?うんうん。

って高いんじゃあ・・・

どれも貧乏な僕チンには手が届かない高嶺の華。そんなリール多分一生買えません(泣)

ってことで、今回注目したいのが通称「ワゴンリール」。(一気にレベル下がったなw)

あのワゴンに入っている安いリールのことですね。

大抵、巻き心地が悪く、遊びも多く実用レベルじゃないリールが多いこのワゴン品。ですが、今回紹介するオクマのリールに関しては別。値段の割りにかな~りしっかりした作りになっています。


そこで、これまで「SABRE(セイバー)」や「HELIOS(ヘリオス)」、そして「SAFINA(サフィーナ)」と、いくつかのオクマリールを使用している私。そんな自称オクマニスト(笑)の私が「SAFINA(サフィーナ)」の良さと注意したい点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オクマってなに?

まず、オクマって聞きなれないですよね?

その正体は台湾のちゃんとしたメーカー。チャイナメーカーではありますが、よく分からない怪しいメーカーではありません(笑)

日本ではアルファタックルが商品を取り扱っています。

オクマ OKUMA alphatackle.com

上記サイトを見ていると本場アメリカのトローリング市場を席巻しているとあり、海外ではそれなりに認知されている模様。そして、サイトには数々のオクマ動画なる、製品の紹介動画が。

メインドインチャイナというと、安かろう悪かろうという商品が思い浮かびますが、オクマに関しては別。

メイドインチャイナと侮る無かれ。

オクマ サフィーナの良い点

コスパ最強。2000円台で4BB搭載!!


ワゴンリールがですよ?

ダイワだと「クレスト(4~5000円程度)」クラス。シマノだと「サハラ(6~7000円程度)」クラスから4BB搭載となります。

いかにサフィーナのコスパが良いかがわかりますね。

同価格帯のライバル商品であるダイワ 「ジョイナス」、シマノ「アビリオ」より単純なスペックは上かと。

そして、ぶっちゃけて良いですか?ダイワのリバティクラブより良いリールです。使い続ければ分かります。遊びの少なさとか、耐久性とか・・・etc。

え?なんでリバティクラブかって?それは初めて買ったリールがそれだからです。決してディスりたいからではありませんw しょ~じきな意見です。

滑らかな巻き心地

4bb搭載なので、巻き心地は滑らか。

ちょっと巻き始めが重いですがヌルヌルです。

もちろん、ダイワやシマノの上位機種とは比べ物になりませんが、他のワゴンリールとは一線を画しています。

かっちりとした作り

ワゴン品というとハンドルを回したり止めたりしたときの遊びが気になりますが、コレに関してはそういった遊びはなし。

また、アルミスプールを採用しており、剛性も十分です。多分同社のHELIOS(ヘリオス)という1万円位するカーボン製のリールよりしっかりしていますw(といか、ヘリオスの剛性が低すぎなんだよなぁ・・・)

ドラグもそれほど滑らかではありませんが、必要最低限のレベルは達しているかと・・・。

豊富なバリエーション

下は1000番から上は10000番まで幅広い商品を展開しています。

okuma(オクマ) リール サフィーナ 1000
okuma(オクマ) (2011-04-11)
売り上げランキング: 41,223
okuma(オクマ) リール サフィーナ 10000
okuma(オクマ) (2011-04-11)
売り上げランキング: 145,584

管理釣りといった小物釣り系から、ジギングといった大物釣りまで幅広く対応できます。

ただ、正直言うと管理釣りのような繊細な釣りには、ひと手間加えないと向かないかもしれません。(後述)

渋いデザイン


いかにも(?)っていう感じの無骨なデザイン。

僕は好きですよ。こういうデザイン。

オーバーホールの練習台に

安くて、構造も比較的シンプルなので分解の練習台としても使えます。あの悪名高きマグシールドとかないですしねw

というか、後述する注意点で分解が必要になります。

オクマ サフィーナを使う上で注意したい点

ハンドルの回転が重い。特に冬場。

粘性の高いグリスを使っているせいか、はたまた質の悪いグリスを使っているせいかは分かりませんが、巻きがちょっと重いのがオクマリールの特徴。何台か異なる機種を使ってますが、全てのリールに共通していましたw

特に冬場の気温が低い時期になるとグリスが固まって、巻取りが非常に重くなります。

対処法としては・・・分解してギア部分のグリスを取り替える。

それぐらいです。ただ、そのひと手間をするだけでビックリするぐらい巻きが軽くなります(逆にスカスカなくらい)。リールの構造自体シンプルですので、オーバーホールの練習も兼ねてみるのも良いでしょう。

でも、やるなら自己責任で。(私は面倒なのでやりませんボソッ)

オクマサフィーナを使う場面

あくまで初心者向け or 予備リールとして

このリールはあくまで初心者向け、または予備リールとしてっていう位置づけ。釣り上級者がメインリールとして使うものではありません。

過剰な期待もいけません。

その辺、誤解なきよう。

巻きがちょっと重いから、繊細な釣りには向かないかも・・・

一応1000番からありますが、そのままでは巻きが少々重いので管釣りのような繊細な釣りには向かないかなぁ・・・というのが個人的な感想。ドラグ性能もそれほど優れているわけではありませんし・・・。

使うならちょい投げ釣りやライトショアジギングみたいな釣りには向いていると思います。一番向いてるのはあまりリーリングしないちょい投げ釣りかな?

ちなみに私は、4000番をアナゴ用のチョイ投げ竿にセットしています。

八戸なら白銀のベストタックルで取り扱ってます!

最後に、そんなオクマのサフィーナですが、八戸でも扱っているお店があります。

それが白銀のベストタックル。

巻き心地を試してみたい方は是非、ベストタックルへどうぞ!!

(決して、ベストタックルの回し者じゃありませんからね)

okuma(オクマ) リール サフィーナ 4000
okuma(オクマ) (2011-04-11)
売り上げランキング: 28,017

コメント

タイトルとURLをコピーしました