【インプレ】モアシルダ32g


楽天でルアーを探していたら神のスプーン「モアシルダ22g」の重量・サイズアップ版である32gが売っていたので、試しにポチッと購入。

期待のインプレ予定アイテム到着!!「モアシルダ32g」
皆さんご存知(?)の神スプーン「モアシルダ22g」。 「モアシルダ22g」は現状ほぼ流通しておらず入手困難なルアーのひとつ。 (...

モアシルダ22gはいつもルアーケースに入っている超一軍ルアーなんですが、「この32gはどうなんだろう?」ということで、試しにサーフで軽く投げ倒してきました。

そこで、この記事ではモアシルダ22gと32gの比較と、32gの使い心地でもインプレしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ルアーサイズは圧倒的に22g<32g

モアシルダ
22gが全長75mmなのに対し、32gは87mm。1cm以上大きいです。

写真で見るとそうでも無いですが、実物を見るとかなり大きく感じます。アピール力は22gよりかなり高そうです。

飛距離は22g>32g

まず気になるのは、その飛距離。

重量が32gもあるのでかっ飛びそうですが、そのサイズゆえ、空気抵抗で思いのほか飛びませんでした。

追い風時は、22gと遜色ない飛距離を出します。

しかし、別のテスト釣行時、軽く横風が吹いていたのですが、風にも負けず22gはきれいな飛行姿勢で飛ぶのに対し、32gはふらふらっと姿勢が崩れる感じでした。

飛距離で言うと5~10mくらい違うかな?

飛距離が第一優先されるサーフの釣りにおいて、これはかなりのマイナス。急深なサーフならまだしも、遠浅なサーフだとポイントまで届きにくいかもしれません。

ルアーアクションは22gとほぼ同じ。ただし・・・

アクションは22g同様、弱々しくテールを振ったウォブリングアクション。22gよりも泳いでる感じがしっかり手元に伝わります。

ただ、22gと同じリトリーブスピード、ロッド角度で巻くと、ボトムを擦ってしまうので、気持ち早めのリトリーブをするか、又はロッドを立て気味にする必要あり。 

とはいえ、メタルジグよりずっとスローに巻けることには変わりありませんし、ロッドをしっかり立てれば、シャロー帯でも比較的ゆっくりとしたスピードでルアーを引けるでしょう。

・・・ポイントまで届けばの話ですが。

初期で付いてるフックはクソ交換推奨

でかいフックが付いているが、全然シャープじゃないので交換推奨。

スプリットリングは、そのままでもまあ許容範囲内かな?(22gはスプリットリングがでか過ぎて動かなくなるので交換推奨)

【結論】モアシルダは22gが神だった

アクションやアピール力はいいですが、飛距離がちょっと残念なモアシルダ32g。

サーフの釣りメインのわたくしとしては、ちょっとイマイチな感じで御座いました。

「魚釣るまでインプレしないぞ!!」と、当初は意気込んでいたのですが、数キャストで心が折れましたよ・・・あははw

そんな訳で買うならモアシルダ22g一択。

ただし、売っていたらの話ですがね・・・。

モアシルダ32g買うより、ギーガ33g買うほうがオススメ。

ほぼ同じサイズ、アクションであるにもかかわらず、若干細身であるゆえ、モアシルダ32gより風に強く、飛距離も多少飛びます。

また、カラーバリエーションも豊富で、見て惚れ惚れするルアーが多いのも特徴です。

個人的には、32gのモアシルダ買うなら、こっちのギーガ33g買うほうがオススメです。