【超簡単】100均のマニキュアでジグのリペアをしてみた!!

ルアー

100均ジグなどいくつかのジグが塗装が剥がれてボロボロになったので、久しぶりにジグのリペイントを行いました。

今回は、手抜きのためマニキュアだけでパパッとリペア。ウレタンコーティングもなし。

もちろんマニキュアは100均のもの。超低予算です笑

地味にマニキュアをヌリヌリする作業が楽しいので、塗装がはげたジグがあったら是非お試しを。

スポンサーリンク

今回、リペイントに使ったマニキュア


使用したマニキュアは「黒」「シルバーラメ」「カラフルなラメ」の3種類のみ。

ちなみに、今回使用したマニキュアはセリアで購入した濃密タイプ。少ない回数で色が乗るのでオススメです。過去にも紹介していますね。

100均の役に立つアイテム集① : (旧)3×8で釣ろう!!
釣具の宝庫、100均。そんな100均で購入したアイテムの中から、役立っているものをシリーズで紹介。定番アイテムからちょっと変わったアイテムまで幅広く紹介します。シリーズ第1弾は、ルアーのリペアやオモリのカラーリングで役立つおなじみのアレ。

これで、個人的実績カラー、自称「ブッラクお下品ラメ」というカラーを塗ります(笑)

あると便利な工具

バイスプライヤー(ロッキングプライヤー)があると、ジグの固定が簡単に行えるので、塗装が楽になります。

ここでは、Amaoznで検索して見つけた安価なプライヤーを貼っておきます。ご参考までに。

E-Value ロッキングプライヤー ERP-175
イーバリュー(E-Value)
売り上げランキング: 210,452

ジグのリペイント手順

1.ヤスリで表面をならす(これは飛ばしてもOK)

今回は面倒なのでしませんでしたが、より綺麗な仕上がりにしたい場合は、表面をヤスリで削って、余計なホログラムや凹凸をなくします。これをすることで、マニキュアの乗りが良くなるだけでなく、塗ったマニキュアが剥がれにくくもなるので、本当はやった方が良いです。

2019/5/21追記:ジグの塗装は、100均の瞬間接着剤用 はがし液を使用したほうが楽に塗装を落とせます。

【100均】瞬間接着剤用 はがし液がジグの塗装剥がしに最適な件
釣具の宝庫、100均。 そんな100均で購入したアイテムの中から、役立っているものをシリーズで紹介。定番アイテムからちょっと変わったなアイテムまで幅広く紹介します。 今回紹介するのは、ジグの塗装剥がしに役立つアイテム。 ・・・...

あと、ついでにアイ(目)も取っておくと良いでしょう。

2.黒のマニキュアを塗る


メインカラーとなる黒を塗ります。一度にあまり厚塗りすると、乾くのに非常に時間がかかるので、あくまで薄く塗ることを心がけて下さい。

ただ、1回塗っただけでは、下地が透けて見えてしまうので、乾いたら2度3度と重ね塗りをし、下地が見えなくなるまで塗ります。

ちなみに今回は2回で十分でした。

3.シルバーラメ入りのマニキュアを塗る


次にシルバーラメ入りのマニキュアを塗ります。

これは一回で十分でしょう。

4、カラフルなラメ入りのマニキュアを塗る


最後にカラフルなラメ入りのマニキュアを塗ります。

これも、シルバーラメ同様、1回で十分でしょう。

5.完成!!



良い感じに下品なルアーに仕上がりました(笑)

このカラーがまた釣れるんですよ!!

 

ちなみに、いつもならアイ(目)を付けますが、今回は準備できなかったのでパス。

ただ、目玉をつけるとグッとルアーが絞まるので、こだわり派の方はアイ(目)をつけて、さらにトップコートを塗ると良いでしょう。

最後に

今回は、黒いルアーが好きということで黒ベースとしましたが、他の色を塗っても良いです。

ただし、隠蔽性の低い色(赤や黄色など)を上塗する場合、下塗色が大きく仕上がりに影響しますので、注意が必要です。

最後に参考として、パッと調べて出てきた情報を載せます。

下塗色の正しい選び方=塗料・塗装機器のネット販売 ぺいんとわーくす=
ネットで買えるプロ仕様の塗料!

 

それでは、楽しいリペアライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました