【ウイスキー】グレンモーレンジィ オリジナル 10年

ウイスキー

釣りと全然関係ないですが、最近ウイスキーにはまっております。

そんなわけで、今回は最近飲んだウイスキーでも紹介したいと思います。

あくまでウイスキー超初心者の紹介なので、的外れな評価の場合もあります。その辺はあしからず。

スポンサーリンク

グレンモーレンジィ オリジナル 10年の味・評価

今回紹介するのは北ハイランドのシングルモルト「グレンモーレンジィ オリジナル 10年」。

よく「グレンフィディック12年」「グレンリベット12年」と並び、初心者向けの一本として挙げられる一本ですね。

ちなみに、このグレンモーレンジィ、スコットランドで一番飲まれているシングルモルトウイスキーとも言われている様です。

また、スコッチでは珍しい硬水を仕込み水に使用した珍しい蒸留所でもあります。(ウイスキーの仕込みは軟水という常識を打ち破った蒸留所です。)

さらに、後熟の技術にも長けており、ルビーポートワイン樽の「キンタ・ルバン」、オロロソ・シェリー樽の「ラサンタ」、ソーテルヌワイン(貴腐ワイン)樽の「ネクター・ドール」など様々なラインナップがあります。

いつでも買えるということで、購入が後回しになっていましたが、ようやく手元に来ました。

では、開封!!

早速頂きましょう。

【香り】

  • 遠くからでも分かるオレンジなどの柑橘系。バニラ。ハチミツ。ミントのようなスースーとした感じ。

【味わい】

  • バニラや蜂蜜を思わせる甘さ主体。香りで感じた柑橘系もしっかり。わずかにフローラルっぽいというかトロピカルフルーツっぽいというか。少量の加水で消える軽いスパイス感。加水するとまろやかさが増し、さらに飲みやすく。

【余韻】

  • オレンジのような甘酸っぱさ。バニラ。わずかにトロピカルフルーツのニュアンス。

グレンモーレンジィ オリジナル 10年 まとめ

甘さ主体で初心者向けというのが良く分かる一本。

香りも分かりやすいし、味も香りと同じような構成です。(悪く言えば単調ですが、逆にそれが良い!!)

基本、加水すると樽のエグみが強くなる気がするので、なるべく加水は控えめにしているのですが、この一本に関しては加水しても樽のエグみなど全くなく、「飲みやすい」という一言に尽きます。(むしろ、加水するとまろやかさが増すので、少量の加水をおススメします。)

初めてウイスキー飲むなら、少々ウッディさがある「グレンリベット12年(新ラベル」」より、この「グレンモーレンジィ オリジナル 10年」の方が断然オススメですね。

なんで、今まで避けてたんだろう・・・もっと早く出会いたかったorz

次は、評判の良い「ネクター・ドール」あたりを攻めてみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました