楽天モバイルの新プラン、地方民にとっては改悪でしかないよね

お役立ち情報

さて、本日、楽天モバイルから新プランの発表があったわけですが・・・

結論から先に言うと、

「地方民にとっては単なる改悪でしかない」

これに尽きます。

下手すりゃ、首都圏の利用者にとっても改悪になるかもしれません。

スポンサーリンク

楽天モバイル 新プランの「速度制限なし」という罠

楽天モバイルは現在格安SIM(MVNO)として、docomoやauの回線を借りてサービス提供中ですが、今年の4月上旬から独自の回線を利用した「第4のキャリア(MNO)」として生まれ変わります。

楽天モバイルの新プランでは「速度制限なし」を謳っていますが、まずコレが大きな罠。

というのも対応エリアが超狭いんですよね。

対応エリアは東京、大阪、名古屋のみの首都圏のみ。さらにその中の限られたエリアしか使えません。

しかも、エリア外はauネットワークで、上限がたったの2GB。容量を超過した場合は、上下最大128kbpsという超絶改悪っぷり。

現在提供しているスーパーホーダイはギガを使い切っても、最大1Mbpsの速度が出ることを考えると、その改悪っぷりが分かると思います。(組み合わせプランでも200kbpsだというのに・・・)

お値段据え置き?いや、実質値上げだ!!

新プランのお値段2980円。

人気プランであるスーパホーダイのプランS(2GB)の2年目以降の値段と同じ値段ですが、エリアはアホみたいに狭いわ、上限超過時の最大速度も遅いわで良いとこなし。

実質、値上げと考えていいでしょう。

しかも、他のプランは無し。

僕の場合、データ通信量も少ないし、電話もほとんどしないから、普通に「組み合わせプラン」の3.1GB(1600円)、どんなに多くても5GB(2150円)で十分なんだけど・・・。

ウンコでしかありませんな。

楽天SPUも4月から改悪

楽天経済圏を語るうえで、かなりのメリットであったSPU(スーパーポイントアッププログラム)の倍率も4月から+2倍から+1倍に改悪。

うま味半減です。

代わりに、「楽天ひかり」がSPUの対象になるわけですが・・・

家の光回線変えるのってかなり面倒なんですよね。(手続きであったり、工事立ち合い、無線LAN(wifi)周りの再設定などなど)

多分、回線切り替えたことがある人なら分かってくれるはず。

正直、「う~ん・・」となります。

楽天モバイルのMVMO(格安SIM)は4月7日で受付終了

残念なことにMVMO(格安SIM)も、今回の新プランと共に受付が終了となります。

当面、サービスは継続するそうですが、それもいつまで続くかは不透明。(対応エリアの狭さを考えるとすぐにはサービス終了しないとは思うけど・・・)

本当は契約の関係で、6月頃に楽天モバイルに切り替える予定でしたが、スケジュールを前倒しするしかありませんね・・・。

1万円ほどドブに捨てることになり、かなりアホらしいですが、それでも格安SIMに切り替えたほうがトータルで見ると安上がりになるので、致し方ありません。

今なら「OCN モバイル ONE 」で決算セールを行っており、3勝ち25日まで機種がアホみたいに安く売ってるから、そっちに切り替えるのもありかもな・・・。1円の端末とかあるし。

【3/7 追記】「OCN モバイル ONE」に申し込みしちゃいました

【3/25まで】OCN モバイル ONEの決算セールが凄すぎる件
常々、楽天モバイルなどの格安SIMへの切り替えを考えていましたが、「OCN モバイル ONE 」で決算セールをやっているのを発見。 サイトを覗いてみたら、まさかの衝撃価格で端末が販売されていたので、思わず申込みをしちゃいました (・ω...

楽天さ~ん、なにやってんすか・・・

楽天にサービスを集約している真っ只中に入ってきた改悪のニュース。

一気に冷めますわ・・・。

ちょっと不本意ですが、早めに楽天モバイルの格安SIMに切り替えておこうと思います。(ついでに家族の分も)

なんだかんだ言って、コストメリットやSPUのメリットはありますし。

ただ、楽天モバイルの改悪が続くようであれば・・・他の格安SIMに切り替えですね。

 

はぁ~・・・(クソデカため息)

 

とりあえず、楽天モバイルの格安SIMに申し込むなら、お早めに・・・って、

 

アクセス多すぎてサイトに繋がらないやんけ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました