片栗粉、それは塩締めしたエサがそれ以上固くならない魔法の粉

その他・TIPS

さて、先日エサの塩締めには「ペットシート」が良いという記事を投稿しましたが、塩締めした後、どのようにしていますか?

塩締めしたエサは、そのままにしておくと塩の浸透圧でどんどん水分が抜けていきます。

場合によっては、針が通らないほどカチカチになることも・・・。

そんな状況を避けるため、「ある粉」をまぶすことで、エサの固さを一定の状態でキープできます。

【関連記事】

【100均】ペットシートがエサの塩締めに最適な件
投げ釣りをしている方なら経験あるかもしれませんが、針にエサをたっぷり掛け、遠くのポイントめがけ思いっきりキャストしたとき・・・ エサの雨が降りることありませんか? 特に身の柔らかいエラコなんかは、ほとんどエサが千...
スポンサーリンク

塩締めしたエサには「片栗粉」!!

程よい固さでエサの状態をキープしたい場合、塩締めしたエサに「片栗粉」をまぶすことをおススメします。

やり方は至って簡単。

塩締めしたエサの塩をある程度落とし、片栗粉を多めにまぶすだけ。

どういう原理で、そうなるかは分かりませんが、このひと手間でエサの硬直がかなり抑えらえれます。(多分、水分が蒸発しにくくなるからだと思われ)

あとは、必要に応じてタッパーやジップ袋などに入れて現場に持っていったり、冷凍保存するだけ。

 

簡単でしょ?

 

なんか、ここまで来ると料理の域に近いですね(笑)

おひ釣りさま 1 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)
とうじたつや
秋田書店 (2017-11-08)
売り上げランキング: 24,675

コメント

タイトルとURLをコピーしました