狂ってしまった青森県。「裸エプロンの漁師トレカ」爆誕っ!!

雑記

ご当地アイドルの元祖ともいわれる「りんご娘」。

八戸発祥のご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」。

X JAPAN「紅」のドラムパフォーマンスで一躍有名になった黒石市のゆるキャラ「にゃんごすたー」。

たまに良質なコンテンツを発信している我が地元「青森県」ですが、一部マニアの間で話題になっているネタがまた一つ出てきました。

スポンサーリンク

なぜ裸エプロンの漁師が?謎の漁師トレカ爆誕っっ!!

しかし、今回はなにをトチ狂ったか・・・

 

「裸エプロンの漁師トレカ」

 

というパワーワードの塊のようなモノを世に送り出してきました・・・

もう困惑するしかありません(苦笑)

しかも、非公式品ではなく、青森県水産振興課が制作という県庁お墨付き。

どうしてこうなった・・・

「裸エプロンの漁師」がウルトラレアカード!? 青森県庁が真剣に取り組む「漁師トレカ」とは
地元水産物の知名度向上を目指す「あおもりの肴」企画に取り組む、青森県庁水産振興課を取材しました。

入手方法はイベントでの配布のみ

ちなみに、この漁師トレカ、2019年の12月から作り始めて、現在9種類。

すべて県庁職員による手作りだそう。

肝心のカードの入手方法ですが、イベントでの配布のみという結構レアなカードだったりします。

下手なガチャのSSRよりレアかもしれません(笑)

なお、ポスターのモデルは30人(!?)ほどいるようで、人気次第では今後種類が増えていく予定みたい。

地方活性に繋がるかは未知数だけど、見かけたら是非

誰向けなのかも謎すぎるし(腐女子狙い?)、PRに繋がるかも未知数なコンテンツですが、中々面白い取り組みだと思います。

B-1グランプリみたいに全国区になったら、さらに面白そう笑

もしイベントで見かけたら是非。

RINGOMUSUME 19th ANNIVERSARY LIVE ~20周年前年祭~ [DVD]
(2019-12-25)
売り上げランキング: 3,635

コメント

タイトルとURLをコピーしました