釣具メーカー死亡か!?100均の王 ダイソーの進撃が止まらない

釣具

こんにちは。38の人(@38fishing)です。

昨今、例のウイルスによりレジャーとして釣りを始める人が増えています。

その影響か、100均の釣具の充実っぷりがハンパなくなってきました。

スポンサーリンク

ダイソーはもはや釣具店。商品の充実度がハンパない

ダイソーが取り扱っている釣具は、プレオープン中のダイソーネットストアに一通り載ってます。

園芸・ペット

確認した限りでは、発売したばかりの新商品は未掲載のよう。ただ、それでも100点以上の商品を扱っています。弱小メーカーより商品ラインナップが充実してますねwww

アングラー御用達のジグはもちろんのこと、釣りを始めるのに必要なロッド・リール、仕掛け類、各種小物のほぼ全てがダイソーで揃います。

品質面は多少劣りますが、ファミリーでちょっと釣りを楽しみたいなら100均でもぶっちゃけ十分。

100均の台頭により釣具店はファミリー層のペイをかなり奪われるのではないでしょうか?

ダイソー オススメ釣具5選

ダイソーで売っている釣具の中からオススメの商品を5つ紹介します。

ストレートワームを入れるか少し迷いましたが、コスパ的に微妙なラインだったので除外しました。(それでも安いですが)

メタルジグ

まずは王道中の王道「メタルジグ」

小物用のマイクロジグから40gのライトショアジギングに使えるものまで様々。正直、1000円するジグと釣果は変わりません。

ジグロック 28g
原産国(地域):中国 材質:本体 鉛 針 カーボンスチール 商品サイズ:7.6cm×0.6cm×1.3cm 内容量:1個入 種類(色、柄、デザイン):シルバー、グリーン、ブルー カラフルなメタルジグが魚を誘います。
メタルジグ 28g
原産国(地域):中国 材質:本体:鉛合金 針:炭素鋼 商品サイズ:10.5cm×1.5cm×1.5cm 内容量:1個入 種類(色、柄、デザイン):アソートなし 最もポピュラーなイワシ柄のメタルジグ。 扱いやすいセンターバランス設計 対象魚:サワラ、ハマチ、アジ、サバ、タチウオなど

魚つかみ(フィッシュグリップ)

アジとかを掴むのに便利なアイテム。

金属製じゃないので、100均にありがちなサビの心配も無し。

魚つかみ(ブラック)
原産国(地域):中国 材質:本体:ABS樹脂 商品サイズ:6cm×2cm×20.5cm 内容量:1個入 種類(色、柄、デザイン):アソートなし 手を汚す事無く、ギザギザの刃でしっかりと魚をつかみます。 鋭いトゲ、歯から身を守ります。 持ちやすいグリップ形状をしています。

ちなみに最近、シーバスなどの口に入れるタイプのグリップも発売してる模様。

ワイヤーリーダー

鋭い歯を持つタチウオ、サワラ釣りで役立つアイテム。

スナップ・スイベルが銅、カーボンスチール製なので、サビは避けられませんがそれでも高コスパ。

ワイヤーリーダー (2本)
原産国(地域):中国 材質:ワイヤー:ステンレス鋼 スナップ、スイベル:銅、カーボンスチール 商品サイズ:0.7cm×0.3cm×13.3cm 内容量:2個入 種類(色、柄、デザイン):アソートなし スナップにルアーや仕掛けを取り付け、ライン切れ防止とルアーなどの交換を容易にします。 ジギングやテンヤ釣りに最適です。

これより安上がりにしようとしたら、自作するしかないですね。

【関連記事】

1個30円!?ヒラメ用のジグヘッド アシストフックワイヤーを自作
最近のジグヘッドはアシストフックが付けられるよう、下側にもアイが付いていることが多くなってきました。 オーナー ファイアヘッド ダイワ フラットジャンキージグヘッド SS エコギア 3Dジグヘッド がまかつ レンジス...

ダウンショットシンカー

発売されたばかりで商品ページがありませんでしたが、これも良い商品だと思いました。

ウェイトは1.8gと2.2gで、入り数は9個と8個。

バス釣りはやりませんが、仮にやってたとしたら間違いなく買うと思います。

ダウンショット好きだしwww

タコベイト

和製ルアーのタコベイトも高コスパ。

タコベイトって釣具屋で買うと結構高いんですよね~。

タコベイト(7cm、5個)
原産国(地域):中国 材質:塩化ビニル樹脂 商品サイズ:1×0.3×7cm 内容量:5個入 種類(色、柄、デザイン):ホワイト 、グリーン 、レッド 、オレンジ 、グリーンイエロー

オススメしないアイテム

基本的には高コスパなアイテムが多いですが、中には安かろう悪かろうというアイテムもあります。

それは「フック・針が付いた商品」「接続具」です。

まずフック類は、基本的に刺さりが甘くサビやすいです。家族で楽しむ程度なら問題ないですが、アングラー的にはNG。ジグ、ミノーに付いてるフックは交換推奨です。

定期的に紹介してますが、安く済ませたいなら土肥富のフックがオススメです。

【関連記事】

僕チン、土肥富(MARUTO)のフックしか愛せなくなる
トレブルフックのストックが少なくなってきたので、私が愛用している土肥富のフックをまとめ買い。 たしか、旧ブログで詳しく紹介していますね。 フック1個20円!?圧倒的コストパフォーマンス 一般的なフック、例えば「カルティバ ST-4...

次にサルカンやスナップ、スプリットリングといった接続具。これもフック同様サビやすい素材である場合が多いので、あまりオススメはしません。※ステンレス製だったらまだ許容範囲内。

あと、ライン類も微妙なライン。使い捨て前提ならアリだけど、ラインを交換する手間やゴミの事を考えると、良いラインを長く使った方が逆に安上がりが気がします。

最近はセリアも釣具に参入

さらに、最近ではセリアも釣具の取り扱いを開始。いままで続いていたダイソー一強時代に終止符を打ちました。

商品ラインナップはダイソーに劣るものの、おなじみのジグやエギをはじめ、ウキやスナップといった要所は抑えています。

Seria | 釣りで楽しむ趣味の時間
100円ショップのSeria(セリア)では約2万点のおしゃれな雑貨を取り揃えています。かわいい雑貨やスタッフのピックアップなどを紹介するおすすめ商品のページです。

僕的にはセリアの参入は嬉しいですね。

新規メーカー参入で業界が活性化するので、より良い商品が出てくることに期待です。

今後、弱小メーカーは生き残れるか?

100均の商品拡充は嬉しい反面、心配な面も。

それは、弱小釣具メーカーの今後。

ロッドやリール、ラインなど、高い技術、加工精度を求められる商品を製造できるメーカーはなんとか生き残れると思いますが、革新的技術が無いルアーメーカーは厳しい戦いを強いられると思っています。

その気になれば、類似商品なんていくらでも作れますし、コアな信者の売上頼りでは先細りするのが目に見えてますからね。

類似商品の例だとダイソーからコ〇マン VJシリーズのソックリさんとか出てますし。

現状は幅広い選択肢がある有難い状況ではありますが、コンビニのドミナント戦略みたいに100均が他メーカーや釣具店を駆逐してしまわないかちょっと心配ではあります。

将来の釣具業界が停滞しないことを祈る今日この頃です。

【関連記事】釣具じゃないけど釣りに使えるアイテム

釣具じゃないけどあると何かと役立つ100均アイテムをまとめてあります。

100均のオススメ釣りアイテムまとめ
さて、当ブログで度々紹介してきました、オススメの100均アイテムですが、いい感じに記事が出揃ってきたので、まとめ記事を作成しました。 圧倒的コスパを誇る100均商品。 何かの参考になれば幸いです。 100均のオススメ釣りアイテムまとめ...
タイトルとURLをコピーしました